宇宙のコスミで

13の月の暦、アーユルヴェーダ、呼吸法、シンギングボウル。いろいろ学んでいることについて、または日常のあれこれについて、マイペースで語るブログです。どなた様もごゆるりと^_−☆

再スタート♡

f:id:whitewind242:20170912134929j:plain


はてなblogさん、お久しぶりです!

最近すっかりア◯ブロでばかり記事をUPしていますけど^^;こちらを忘れてたわけじゃないんです💦

…て、だれに言い訳してるんだか^^;


今日は久々にスマネタをガッツリ書きます。

スマネタに13の月の暦を絡めて、少しアヤシゲな気配を纏いつつ…という超コアな内容(誰向け?笑)になりますが、よろしければしばしお付き合いくださいませ🙏



冒頭の写真は、今月9日にタワーレコードでもらったレシートです。

9月9日は、SMAPがCDデビューした日。

重陽節句とも重なり、スマヲタにとってはこの上なく目出度い日です。

だけど、ご存知のようにSMAPは2016年の大晦日に「解散」してしまいました。

「解散させられて」しまいました、と書きたい気持ちは今も濃いです…彼らの意に反して、彼らの「あのころの未来」を踏みにじって…と、やるせなき恨み言を言いたくなります。


それでも、カイサンしても尚、スマヲタは記念日に「花」を買い続けています。

「花」って、おわかりかとは思いますが「世界に一つだけの花」のことです🌸


f:id:whitewind242:20170912142403j:plain 


はい、私もまたまた買いましたよ^^;

これで何枚めなのか、もうわかりません^^;

もともと持っている自分用の一枚以外は、すべて友人知人にお渡ししています。

押し付けSMAP愛💓で、ご迷惑かもしれないけれど^^;


CDデビュー25周年という節目の去年、あんなことになり…果たして今年は「26周年」と呼べるのか?…なんて疑問符は吹き飛ばされるほど、スマヲタはアグレッシブです😀


そんなの関係ねー!とばかりに様々なイベントを企画したり「花」を買ったりイラストを描いたり。 

そしてSNSでスマ愛を垂れ流すのです、毎日毎日飽きもせず✨😀


そうやっていると、やはりSMAPは「かわらずそこにいる」気がします。


見えないからといって「ない」わけじゃない。

魂の存在を信じている(体感している、と言い換えても大丈夫な)私には当たり前のことですが、形としてなくてもエネルギーとしてありありとそこに在る。


だからと言って悲しくない訳ではないです。

5人が揃う姿をTVで見られなくなり、三度の飯よりスマコン命❣️だった私がSMAPのLive映像を封印してしまうような…深い暗い穴がハートのどこかに開いたまま。


それでも不思議に…SMAPの気配は色濃く、靭く、優しく…。

木村さん、吾郎ちゃん、しんつよのそれぞれが持つラジオ番組で、SMAPの曲がかかれば嬉しくなるし(おセンチにもなりますが💦)、 かからなければ寂しく思うし(あ、中居さんのラジオでは今年になって一度もかかりません。あの人の強い想いを感じるから、そこでは寂しくは思わず…なんだろう、逆に安定感というのか…意地とか踏ん張りとか「言わせとけ」とか、そんな信号を受信しては心を強く!と個人的には思うのです。カッコ内ながっ^^;)、彼らが「SMAP」というワードを出そうが出すまいが、彼らの中心・核心はSMAPだし、メンバーの三人が事務所を退社?退所?したってそこは変わらない…というような、おそらくスマヲタにしか通じない感覚が包み込むのです…うーーん、我ながら悪文m(_ _)m


ただスマヲタといってもいろいろで、きっとみなさん自分が信じたいことを信じているし、絶対にいつか再結成する!してほしい!という気持ちだけではないようです。

いろいろな気持ち。

「否定じゃなくて肯定しようよ」に尽きる…かな。

(SMAPの曲の歌詞です😀)


私の気持ちは…今回、事務所を辞めた三人がちゃんと活躍してほしい…です。

事務所に残った二人にも、もちろん。

そしていつか。

そして、いつか。


その希望を、私は愛おしく思うのです。


実際のところは当事者にしかわからないから、周りが何を言っても的はずれかもしれないし、彼らの中にも様々な気持ちが渦巻き一筋縄ではいかないのかもしれないし、どんな軋轢やら裏事情やらしがらみやらがあるのか…たぶん想像を超えた「小説よりも奇なり」な世界が広がっている気がするけど、それすら想像でしかなくて。


私にわかるのは、彼らがずっとSMAPを愛していたこと、今も愛していること。

そして去年の年明けに「理不尽な」生謝罪でズタズタにされたこと(それを表面化されたこと)。

一年をかけて「解散」という道を選ばされたこと。

それでも彼らの誰一人として、誰のことも責めず、言い訳もせず、嘘もつかず、ひとを傷つけずにいること。


SMAPらしくない」と思ったのは、ファンに向けての率直な言葉が(去年一年を通じて)なかったことですが、それこそが「言えない事情がある」ことを物語っているんだろうと感じていました。


いくつかの例外は、ありました。

一番大きかったのは、大晦日の中居さんのラジオです…あんなにストレートな「バイバイ」を、愛情しかない「バイバイ」を聞いては、どんなに受け容れがたくて藻搔いても今は「解散」を受け容れるしかないんだ…と引導を渡された…あの声は、忘れません。


だから彼が今年になってたまに「解散」を「自虐ネタ」にしても、いくら以前と変わらぬ風にお仕事をしていても、ラジオでSMAPの曲を頑としてかけなくても…SMAP愛が溢れているのを、知っている。

そんなふうに、感じています。


メンバーみんな、そんなふうです。

それぞれ表現の仕方は違いますけどね。


そして9月10日に放送された「しんつよパワースプラッシュ(bayFM)で、なんだか久しぶりに「のびのびと語るSMAP」を聴くことができました。


おもにつよぽんが語っていましたけど(慎吾は絶妙な合いの手、茶化し、フォロー、ツッコミ、オチを担当w)、退社についてもしっかり自分の言葉で喋ってくれました。


ここからまた頑張ると。

ネガティヴに「考えちゃわないで」(原文ママ、笑)、ポジティヴに、ワクワクにかえていきたいと。

そして「何十億人の」wwファンのひとたちに「寄り添っていきたい」と。


ラジオのタイトルを「いつも寄り添う、しんつよパワースプラッシュ」に変える?なんて提案までしてた天使👼剛!

(すかさず「もう、一度変えてるから」と毒づくw慎吾も最高でしたわね💓)

(あ、以前のタイトルは「SMAPパワースプラッシュ」だったんですよ^^;)


「寄り添っていきたい。」

「寄り添うことが仕事だから。」


これこそが、SMAPの真髄…✨😹✨


今は、それぞれができる方法で寄り添ってくれているんですね…集合体として目に見えなくても、ちゃんと…居てくれる😹💕


9月8日、事務所を3人が辞める日の夜に木村さんのラジオがありました。

番組の途中で流れた「This is LOVE」にもグッときたけれど。

予想していませんでした…ラスト近くに、なんの前触れなく流した「前に!」


もう…木村さん、ずるい…反則、泣く、ありがとう、大好き…❣️

そんな気持ちで眠った夜でした。


これから先、どんなことがあっても、俺らSMAPと一緒に、前に!


木村さんがLiveで歌う前に力強くファンに渡してくれた言葉です。


ラジオでこれを流した彼の真意がどこにあったか?

または、選曲は彼ではなかったかも?


うん。そうなんですよね。

ラジオの制作現場でなければわからないですもんね。


だけど、スマヲタはわかっちゃうんです。

頭で考えちゃわないでw直観で。

ま、すべては壮大な?妄想かもしれませんけどね💦


「いつかたどり着くさ 夢みてた場所へ」

前に!の歌詞の一部です…ご存知ない方は、宜しければ歌詞を検索してみてください…。


9月8日(3人の退社日)は、KIN108でした。

以前このブログでも何回か書いたことがありますが、マヤ暦(私が学んでいるのは13の月の暦)とSMAPとの関わり…不思議なんですよ。


KIN108は、慎吾の銀河の署名(生まれた日のナンバー)です。

さらには飯島さん(マネージャー)のKINでもあります。

そんなエネルギーが流れている日に、30年いた場所を離れる…。

260日に一度は巡ってくるKINですが、ピタリとその日、というのにはやはり驚きました。

昨年夏、正式に解散発表された8月14日はKIN238で…これはKIN108にとっての「絶対反対キン」でしたし。


もっといえば、1991年9月9日CDデビューの日はKIN239。

f:id:whitewind242:20170912172659j:plain


その絶対反対キンはKIN109だから、今年2017年9月9日はまさに「SMAPという集合体にとって」の絶対反対キンの日…とも言えるんです。

(26周年ですから当然なんですけどね。人間誰しも26才の一年は「絶対反対キンの年回り」と言って、再出発や見直しの年…という解釈が多いのです。)


ちょっと、いえかなり?ややこしや〜な話になりましたね💦

何が言いたいかと申しますと。


彼らはこのマニアックな暦だとか、KINの持つエネルギーだとか、おそらくは知らないと思うんです。

でも自然に、流れにそっている…エネルギーに逆らわずそれこそ「寄り添っている」感じを受けるのです。

13の月の暦は占いではないので、あくまでも暦としての読み解きですが、私の感覚としては「だから大丈夫!」「あの人たちは天に祝福されている!」と思っちゃうのです😀


思っちゃわないで、とは言わないで🙏💦


いえ別に、頭オカシイと受けとられても構いませんことよ、笑笑


実際問題、彼らの「祝福された」未来がどんなものなのか…神のみぞ知る…わけですもんね。


単なる一介の(ヲタ暦はまあまあ長い?)スマヲタの戯言です。


ずっとあの人たちが好きで好きで。

これからもずっと好きでいることしかできないスマヲタです。


いつか…という希望を胸に、毎日やってます。

働いて、学んで、ライフワークとして見据えたもの(シンギングボウルサウンドアルケミスト)を磨きながら、たまにお母さんの顔をして(たまにかいっw)、もっとたまに奥さん的な顔をして(はい?)、…そんな生活を送っています。

でもいつかまた、母でもなく妻でもなくアルケミストでもなく、単なる一介のスマヲタとして彼らに会いたいです。


そんなことを思う、KIN112。

これは私の絶対反対キンのナンバー。

はい。

今日は私にとっても「再スタート」にうってつけの日


もう一つのブログには、こことはまた違う「再スタート」を書きました。

どちらも、今の私。


SMAPのことを、久しぶりにたくさん書くことができました💓

意味があまりわからないであろう長文にお付き合いくださり、ありがとうございました!


絶対反対KIN(浅田真央選手の引退に寄せて)

f:id:whitewind242:20170417110731j:plain


*本日のブログは、アメブロにも一部同じ内容でUPしています。

http://ameblo.jp/whitewind242

ただし、結末が違います(^^)…って小説じゃあるまいし!笑


こちらの方が具が多めです、ふふふ♪

以下から、本文です☆



フィギュアスケート浅田真央ちゃん(知り合いでもない26才の女性に「ちゃん」もないかしらと躊躇しつつ^^;)、引退してしまいましたね…。


フィギュアスケートファンとして残念ではありますが、シニアデビュー前からずっとTVで見てきたので「長い間、心身ともに本当にお疲れ様でした!たくさんの素晴らしい演技をありがとう!」という気持ちが強いです。


正直に言うと、トリプルアクセルを苦もなく(…ではなかったんでしょうが、傍目には楽々と…)跳んでいた頃よりも、バンクーバー五輪後に佐藤コーチに師事してからの滑りのほうが、個人的には「タイプ」です。


ジャンプだけではなく、総合力というのか…テクニックに裏打ちされた表現力や経験から醸し出される味わい、音楽との一体感、技を繰り出すタイミングの前の「滑っているだけの瞬間」の美しさ=余計な力が入っていない、邪念や構えのなさ(それこそ熟練の職人さんのような自然体、そこに至るまでの削ぎ落とす工程)など、全てをひっくるめて「フィギュアスケート」だと思っているので…(口煩い小姑みたいでスミマセン!私ってば本当にヲタク体質なんですわ^^;)。


だから、バンクーバー後の真央ちゃんは(試行錯誤の時期もありましたし怪我もありましたが)、さらにさらに魅力的なスケーターになっていったと感じるのです。

数多くの心が震える演技を見せてくれて、貴方の滑りはもちろん、泣き顔も悔しそうな顔も天真爛漫な笑顔も忘れません!と花束を渡したい気持ち…。


現役選手としては引退しても、これからも氷上には立ってくれるとのことですから、出来るものなら一度は「生」でみてみたいです!

すんごくお値段が張りますけどね、フィギュア(^_^;)


ところで今日、ブログに真央ちゃんのことを書こうと思ったのは、一介のスケートヲタクとして…は勿論のこと、13の月の暦を学ぶものとしてもたいへん感慨深い「引退」であるからです。


以前このブログに書いたんですが。

真央ちゃんは昨年のお誕生日から「絶対反対KINの一年」なんです。

彼女はKIN150(白い共振の犬/黄色い種)で、2017年9月25日に26才になりました。

誰にとってもこの「26才」の年に、絶対反対KINが巡ってきます。

(マヤ暦での還暦「52才」のちょうど半分ですね♪)


「絶対反対」なんて、ちょっとオソロシげなネーミングですよね?^^;

でも、そんなことはないんざます(^^)

(受け止め方は自由なので、オソロシイ!と感じることも自由です…念のため)


私としては、この「絶対反対」すなわち「真逆のエネルギー」は、「陰陽の陰」でも「光と影の影」でもなく「気づきのスイッチ」「発想の転換」「見えていなかった景色を見せてくれるもの」という受け止め方をしています。

だからこそ、この「絶対反対KIN」が「自分を見直し再スタートする」時期となる場合が多々あるんじゃないかと…。

絶対反対KINの一年だけではなく、「絶対反対KINの日」もそうですし、「絶対反対KINの方」との出会いでも同じことが言えるように思います。


真央ちゃんがマヤ暦や13の月の暦を知っているかどうかはわかりませんが(笑)、知識として知らなくても「自分に素直に向き合う人」であれば、自ずとリズムが整い、生まれ持ったエネルギーと調和して生きるようです。


いずれにせよ。

真央ちゃんの新しい人生が「SMILE」に彩られますように!


…スマヲタとしても、ちょっとたわ言を書いてもよかですか?いや、誰かに「良くない」と言われても書くけども!w


SMAPさん、昨年いろいろありましたが…(これ、万感の「いろいろ」です)、2016年は彼らのCDデビュー25周年でもありました。


つまり。

今年2017年の9月9日には26周年になりますね…!


…再スタート…どうでしょう!


まああの業界では、グループや個人の意思だけではどうにもならないことが多そうですし。

再スタートといっても色んな形があるし。

そもそも「カイサン」してしまったのだから「26周年」とは言えないよ!と突き放されたらそれまでですけど( ;  ; )


簡単なこととは思いませんし。

大晦日の中居正広さんの声が脳裏をよぎるたびに「誰よりもSMAPを愛している人がメンバーの名前を呼んでバイバイと言った」重みを感じますし。

目が開かなくなるほど泣き腫らした今年のお正月の自分が、泣いても泣いても涙が溢れた自分が、藁にもすがる想いで「裏の取れない情報」を信じようとしたことを思い返しても、心の支えは必要だけど冷静さ&客観性を失ってはあかん…と肝に命じてもいますし。


それでもなお、信じたい未来はあるんです。

たかがSMAP、されどSMAP

私には、そしてたくさんのスマヲタ仲間には、SMAPはいまなお存在しているグループだし、希望なんです…。


あ、情報はね、本当に真偽のわからないものばかりだから、いまだに「絶対ウソ!」とか「絶対ホントウ!」とか言えないよな…と考えてますよ。

見たいものしか見えず、信じたいものを信じるのが生身の人間ですけんね(^_^;)


ふと思ったのですけど。

CDデビューは1991年だけどSMAP結成は1988年…そこを起点にしたら彼らの絶対反対KINの年は2014年。

MR.Sツアーの一年。

 

ああ。あれはまさに「再スタート」みたいなツアーだった気がする…。

震災のあった2011年も大きな転換期で、2012年のギフスマツアーはやはり大きな意味があったけど、2013年の「5人旅」を経たあとのコンサートツアーはMR.Sなんだし…。


うう。

結成26周年を超えて再スタートしたSMAPがこんなことになっているのは、一体どうしてなんでしょうね。


答えは、わからない。


ただ私は、いま現在を「結果」だと考えたくないので。

あくまでも「経過」「通過地点」だと思っているので。


藁にもすがる想いの、CDデビュー26周年「絶対反対KINの一年」を見守りますよ。

そこでたとえ、何が起きても起きなくても。


SMAPへの気持ちは揺るぎません。


今週末、久しぶりのメンバー共演が見られます…嬉しくて、それなのに切なくて。

それは「SMAP」が好きだから。


好きな人たちの帰りを待つのは、自然な感情だと思うんです。

できれば、泣いたり怒ったりして待ちたくない。

笑って、笑って、待っています。

待っていても帰らないよ?と言う言葉に哀しくなっても、それを言った人の哀しみもそこにあるのなら、ぜんぶうけとめて、愚直に、笑っていたい。


フィギュアスケートやマヤ暦の話からの、長くウザいヲタ語り、たいへん失礼いたしました^^;


スマヲタ語りを除いた部分をアメブロにも載せます(^_^;) さすがにアッチではここまでのスマヲタっぷりを披露するのはどうかと思い映倫カット、笑


使い分けは面倒くさくもありますが、いまの私には必要なシールドなんです、うん。

(最後は一人勝手に納得して終わりかよっ^^;)


季節の変わり目、みなさまお身体に気をつけて!非常に気をつけて!



















同級生の皆さん、今年は…

f:id:whitewind242:20170410105940j:plain


ケーキ屋の店先に並んだ いろんな花をみていた♪

ちと字余りσ(^_^;)


桜はこのところの雨でかなり散ってしまいましたが、春の花はいろいろありますね。

まさに「人それぞれ好みはあるけど どれもみんな綺麗だね」です。


4月も半ばに差し掛かり、新学期がスタート。

うちのドラ息子も高3になりました^^;

今日のブログタイトル「同級生の皆さん、今年は…」に続くのは…「受験ですね!」かと思いきや(誰が思っとるん?←セルフツッコミ)、違うんですねーこれが。


同級生といっても息子の、ではなく。

わ・た・し・の・同級生の皆さん(^^)

いやー、幾つになっても同級生は同級生ですよね?(だから誰に確認しとるん?)


大学入試などでダブっていなければ^^;私の同級生は今年、52歳になるはずです。


うわー、客観的にみると凄い数字!

52歳て‼︎

早生まれの人だと「まだ51歳になったばっかり!」と憤慨?なさるかもしれませんが😉これまた客観的にみると「大差ない」、笑


でも、13の月の暦的に言えば「52歳」は大きな大きな節目の年なので、51と52は大差ある…かもしれません。

とはいえ、いずれにせよ、私の親愛なる同級生の皆さんはこの4月2日から来年の4月1日までにはもれなく「52歳=マヤの還暦」になるわけです\(^o^)/

52歳を「エルダー」と呼ぶことは、これまでにもこのブログでちらちら書いてまいりましたが、どうしてか?という理由は…書いたことありましたかしら⁇

(自分の記憶に自信などない)

(さりとて見返す気持ちもない)

(…おい…!)


ざっくり説明しますと、マヤ暦では52歳の誕生日に「生まれてきた日と全く同じKIN」が巡ってくるのです。

KINというのは1から260まであり(20種類の「太陽の紋章」と13種類の「銀河の音」の組み合わせ)、生まれた日のKINが各々の「銀河の署名」となるわけです。

私でいえばKIN242(白い銀河の風)、このKIN自体は260日ごとに巡ってきますが、誕生日がこのKINと重なるのは52年に一度。


生まれた日と同じエネルギーを「誕生日に」味わうのは52歳にして初めて…ということになります。

だから還暦。

0歳から51歳までは「親からもらった人生」、52歳からは「自分で切り開く人生」と考えることもできるそうです(^^)


リスタートと捉えてもよし。

これからが本番!と張り切ってもよし。

単なる通過点と考えても、もちろんよし。


すべてはあなた次第。


私は2年前から縁あってマヤ暦を学び始め、今では「13の月の暦」のリズムが心地よくて面白くて、いまいちわからん…!という部分はありつつ^^;毎日この暦を意識して生きています。

だから、52歳の誕生日は私にはとても意味のあること。

それを押しつけるつもりは毛頭ないのでありますよ。

ただ友人知人の「52歳の誕生日」にはウズウズしてしまい(笑)あのねあのね、マヤ暦では還暦\(^o^)/とお知らせしたりなんかして、不思議がられて?います。


4月5月(13の月の暦では10月、11月)は親しい友人の誕生日が目白押し。

(友人の皆さん、お誕生日に私から「今日からエルダー\(^o^)/おめでとう\(^o^)/」なんて言祝がれたら笑ってやってください。興味のある方には「運命の道筋」なんかもお話しますわよ!よろこんで!♡)


来週、久しぶりにユーミンのコンサートに行きます。

ご一緒するのは職場で知り合って仲良しになったエレクトーンの先生\(^o^)/

同級生で、なんと誕生日が一日違い!

1966年1月20日と1月21日!

ご縁でございましょう…✨


エルダーに向けての日々、楽しく学びつつ、地道に働きつつ、足元を見直しつつ。


同級生の皆さん、とにかく元気でいましょうぞ!

人生これからだっちゃ!(…誰?)


そうさぼくらは♪

桜浴の日

f:id:whitewind242:20170406230049j:plain


近所の桜がようやく満開になりました。

折良く仕事が休みの今日、千葉は晴れ☀️

風は強めでしたがお花見しながらのそぞろ歩きには十分なお天気でした(^^)


さくら さくら いまさきほこる…と心のなかで歌いつつ♪

f:id:whitewind242:20170406230547j:plain


f:id:whitewind242:20170406230711j:plain


f:id:whitewind242:20170406230808j:plain


f:id:whitewind242:20170406231034j:plain


f:id:whitewind242:20170406231000j:plain


夜には雨の予報でしたし、明日からもあまり天気には恵まれそうにないのでいまのうちに…と美しい色とかたちを愛で、桜の放つたおやかな輝きを浴びながら歩きました。


気ままな桜浴のあとは、「茶の間ねこのて」さん(ご近所にある一軒家のカフェ)がオープンしていたので立ち寄ってみました♡


f:id:whitewind242:20170406232026j:plain


2回目ですが、あーやっぱり好き!と思える空間です(^^)


f:id:whitewind242:20170406232206j:plain


ハーブティ&いちごのレアチーズケーキ、美味しかった♡♡♡


f:id:whitewind242:20170406232328j:plain


五感で春を味わえた一日。

ありがたやありがたや\(^o^)/

春よ、濃い…?

昨日、今日は真冬に戻ったような寒さの関東です。
今朝の千葉は雪まじりの雨も降り、まだまだ桜なんて咲きそうにない…けれど、きっと間も無く蕾が膨らみ花が咲き、潔く散るんでしょうね…今年の春も。

立春の前々日(18日)から今日(27日)までの10日間はとてもとても密度の高い日々で、気温差の激しさも手伝ってか、なんだか二ヶ月分ぐらいの濃さだった気がします。

18日は仕事のあとに「マントラ瞑想ヨガ」へ✨
このこともじっくり書きたいんですけど、とりあえず今日は箇条書き?モードで記録しておかないと忘れてしまう!💦ということで…中身をすっ飛ばして進みます、ごめんなさいm(._.)m

19日は、成田山新勝寺にお参りに行きました(^^)

f:id:whitewind242:20170327205901j:plain



オットと息子は元日(早朝)に気合いを入れて?初詣に行ったのですが、私は今年まだ行けておらず気になっていたので、この日にお参りできて良かったです。
成田山の近くの宗吾霊堂にも初めてお参りしました(^^)

f:id:whitewind242:20170327205950j:plain


そして翌20日、春分の日は私の産土神社である「鳩森八幡神社」へ。

f:id:whitewind242:20170327210033j:plain


富士塚にも登山😉

f:id:whitewind242:20170327210147j:plain


さらに歩いて明治神宮へ!

f:id:whitewind242:20170327210232j:plain


神宮御苑にも立ち寄りました\(^o^)/

f:id:whitewind242:20170327210308j:plain

f:id:whitewind242:20170327210341j:plain


これだけに留まらず(結局この日は4時間以上歩き回ったのですけど^^;)何社まわったのかしら…明治神宮のあとは湯島聖堂神田明神湯島天神、そして根津神社

f:id:whitewind242:20170327210421j:plain

f:id:whitewind242:20170327210453j:plain

f:id:whitewind242:20170327210523j:plain

f:id:whitewind242:20170327210555j:plain

f:id:whitewind242:20170327210624j:plain


20日はとてもあたたかくて、たくさん歩いてお参りするにはうってつけの日でしたから…とはいえ、流石にやり過ぎた感もありましたが(^_^;)楽しかったからヨシとします(^^)
次の日、筋肉痛だったけど!笑

火曜、水曜は仕事をして、木曜(23日)は「第3回ことほぎセッション」でございました♡

f:id:whitewind242:20170327210656j:plain  


(感想もいただいていますし、書きたいことが色々ありすぎてジタバタしてますが、とにかく記録を優先!💦)

金曜、土曜とまた働いて…昨日はまたまたアクティブな日曜日!

千葉県知事選挙の投票をしてからオットと東京ドームへ。
ロッテ対ジャイアンツのオープン戦の招待券を頂き、久しぶりの野球観戦(^^)
…でしたが、夕方から「瞑想ワークショップ」に出席する日でもありましたので私は途中退席。

水道橋から地下鉄を乗り継いで広尾へ。
雨の西麻布〜♪ ←古い…^^;

f:id:whitewind242:20170327210746j:plain

アマナマナさんへの道\(^o^)/

冷たい雨が降ってはいましたが、いよいよ「歌うゾクチェン」に触れることができる❣️と気持ちが弾み足取りも軽く(でもちょっと、あまりの高級住宅街ぶりに内心びびりながら^^;)美しい街並みを歩きました(^^)

f:id:whitewind242:20170327210823j:plain


到着\(^o^)/

16時からみっちり2時間。

奥の深〜い、だけどわかりやすくて楽しいチベット仏教の学びでありました…!


f:id:whitewind242:20170327211029j:plain


この太陽の月の、何という濃さ…。


そして今日は大好きな美容師さんに髪を切ってもらい、短い時間でいろんな話をして。

明日は新月

仕事もしますが、教えていただいた「タピリツァへの祈願」もいたします!


ご縁に感謝\(^o^)/


今日のブログ、写真を多用してるのに中身がさっぱり伝わらないかもしれません(^_^;)

明日以降、地道に書きたいと思います!


刺さる台詞

f:id:whitewind242:20170309132618j:plain


ドラマ、カルテット。

皆さんはご覧になってますかしら。


私はドはまりしています。

キャストも演出も好きだし、何と言っても脚本がたまらんのです…!


第1話から「夫婦って、別れられる家族なんだと思います」ですからね…

うん、まあ、知ってたよ。

てゆーか、知らんぷりしてやってきたよ、結婚23年目( ̄▽ ̄;)

言わぬが花って、あるからね。


しかし坂元裕二は容赦無い。

「愛してるけど、好きじゃない」なんてさ。

ダメよー、ダメダメ!と言いたくなるじゃないですか、ホントのことはナイショにしとこうよ?って涙目になるじゃないですか^^;


夫婦とか男女関係に限らず、まあバッサバッサ斬りまくる坂元氏による忘れられない台詞は、今まで他のドラマでも沢山あったけど。


カルテットにも「刺さる」台詞がすでに多数。

たとえば。


「志のある三流は、四流だからね」


嗚呼イタイ!

なんでかわからんけど猛烈に痛い!

なんの分野で図星なのかわからなすぎて、もしかして前前前世の?私が三流アーティストだったのか?と考えるほど、この台詞は刺さりました…。


あと、こんなのも。


「この世で一番の内緒話って『正義はたいてい負ける』ってことでしょ」


…(T_T)


嗚呼イタイ、痛いけど泣きながらうなづいてしまう…そんな感じ。

特に2016年のSMAPを思い出すと、これ以上の内緒話はないよね本当に…と思ってしまうわけで。


何が正義かなんてわかりませんけどね。

彼らが誰一人として、終始一貫一言も「誰かを悪く言う」ことがなく、抗議も釈明もせず、詳しいことは何も語らないまま、全く本意ではなかったはずの「カイサン」という苦杯を飲んだことを思うたび、正義ってなんだろう、光と闇ってなんだろう、と考えてしまう私としては…この台詞は…( ;  ; )


なんで急にスマネタ?と不思議に思われるやもしれません。


その理由は、私が骨の髄までスマヲタだからでありまして、何をみても、何をきいても、何を味わっても、どこかでSMAPのことを考えていたり感じていたりするからです。

「好きだってこと忘れるくらい、いつも好きです」ってな状態だからです。


カルテットを見ているときも、多分常に心の中のSMAPとダブらせたり問いかけたり。


「片思いって、一人で見る夢でしょ」なんていう名言を聞くとすぐに連想ゲームしちゃうわけですよ。


SMAPって、5人で見る夢でしょ」


「スマコンって、SMAPと5〜6万人が一緒に見る夢でしょ」


夢だったから醒めてしまったんだね、なんて言われたら悲しみで死にそうになるから言わないでくださいね…どうせこの世は胡蝶の夢

…なんて言いたかったわけじゃないんだけど。


夢はね、一度醒めたってまた見られるんだからね。

素敵な夢を見させておくれ、って。

SMAPはデビュー曲で歌ってるくらいですからね!


こないだのカルテットで、松たか子演じる「まきさん」が「死ぬなら今かな…っていうくらい今がすきです」なんてなことを言ってましたけれど。


私も、いつも、思ってた。


スマコンで死ねたら本望。

この場で死んでも悔いはない、と言い切れるほどの幸せ。


実際にそんなことになればタイヘン迷惑というか、周りの方に申し訳ないから、それは一種のたとえ話として受け取っていただきたいけれど、心情としては、まさに「死ぬならいまかな…」。


あの絶対的な幸福に、圧倒的な光に、もう一度包まれたいと願うのは無茶な望みなんだろうか…。


そしてそれは、ファンサイドからだけの望みなんだろうか…。


…脱いで剥いでもう一度僕らが出逢えたら

そう人生は長い

世界は広い

自由を手にした僕らはグレー


なんたる主題歌…(T-T)

椎名林檎、さいこう…!


華麗なる逆襲を諦めてないし!

そのための、そのためだけの、ばらばらな時間だと…考えるくらいは。

ひそかに、考えるくらいは。


そしていつか、思いは力になると、信じるくらいは。


この辺境のブログから言霊。


SMAPは戻ってくるよ。


カルテットからの、言霊ブログになっちまいましたね^^;

坂元裕二さんも椎名林檎さんも、言霊の人々だからきっと許してくださるだろう(強引!)、それに…スマヲタはみんな「泣きながらご飯食べたことある人」だから(またまた強引!)。


生きていけます。


生きよう、ぜっ!←FLY風に。



明日は…

f:id:whitewind242:20170305174123j:plain


我が家のリビングでは、西暦のカレンダーと13の月の暦が仲良く寄り添っています(^^)


今日は啓蟄ですねー。 


明日は西暦2017年3月6日、銀河の月の最終日でもありまして、個人的には月に一度の献血ルームでアドバンスカラーセラピーのボランティアの日でもあります。


3月6日はミロク(弥勒)の日とも解釈できますから、明日は我が家の弥勒菩薩さま(シンギングボウル「珠(わくたま)」さん)を奏で、自分を整えてから出掛けようと思います♪


f:id:whitewind242:20170305175439j:plain


13の月の暦における8番目の月が終わるので「虹の橋の瞑想」もじっくりやりたいです…銀河の月の問い(私は自分の信じている通りに生きているか?)と、明後日からの太陽の月の問い(どうしたら私の目的に達するのか?)を並べて感じ、そっと眺めて手放す…うん、いろいろ手放してまた吸収したいなぁ…と。


9番目の月、太陽の月の初日は「古代マヤ暦」におけるツォルキンバースデー(KIN183)だったりもします、うふふ☆

太陽の月の始まりと青い夜のウェイブスペル13日間の始まりが重なる日。


始まりは終わりでもあり、終わりは始まりでもある…by始点・終点(^^)


多分、一部コアな?方にしかよく伝わらない気がする本日の愚日記。

どうしたら暦の楽しさをお伝えできるのか…これも、今後の私ものテーマのひとつだな♪