宇宙のコスミで

13の月の暦、アーユルヴェーダ、呼吸法、シンギングボウル。いろいろ学んでいることについて、または日常のあれこれについて、マイペースで語るブログです。どなた様もごゆるりと^_−☆

大山詣で その2

f:id:whitewind242:20151105154151j:plain


ケーブルカーの駅は大山寺、阿夫利神社(下社)の二つ。

まずは下社〜奥の院を参拝することにして、満員電車…もとい、ケーブルカーに揺られること約5分。

紅葉の始まった山は美しく、阿夫利神社駅手前では江ノ島が見えるほど眺望が素晴らしかったです。


下社でお参りし、いよいよ登山!

頂上まで大人の足で90分ぐらいと聞き、普段は歩くことが苦にならないほうなので、楽勝とはいかないまでもそう辛くは無かろうと考えていました。


…山をなめたら、いかんぜよ…!


平坦な道を90分歩くのとはまるで違う肉体への負担‼︎ 

しかも最近は大して歩いていなかったという事実を、登り始めてから思い出すアホなコスミでありました。


山って、厳しいっすね( ;  ; )


鎖場などは無いのですが、長い階段や石がゴロゴロしている坂、滑りやすい砂混じりの坂、岩場。

なかなかどうして正しい山‼︎


親子連れや、年配の御夫婦もいらしたので気軽に登り始めた私でしたが、子供だろうがお年寄りだろうが普段しっかり歩く筋力を身につけている人は強い!

逆にたとえ男だろうがいくら若かろうが、鍛えていない人間は弱い!

それが山!


ひー、すみませんでした大山さま!舐めてました!と心のなかでお詫びしつつ、一歩ずつ登るしかなく。

途中で何度も休憩しながら山頂にたどり着けたのは約二時間後。

奥の院で手を合わせ、温かい豚汁やおにぎりをお腹に入れてなんとか元気を回復し、下りの山道は比較的ラクに行けました…けどね、ふくらはぎを駆使し過ぎたのか三日経っても筋肉痛^^;


それもこれも忘れ難い良い思い出です。


続く