読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙のコスミで

13の月の暦、アーユルヴェーダ、呼吸法、シンギングボウル。いろいろ学んでいることについて、または日常のあれこれについて、マイペースで語るブログです。どなた様もごゆるりと^_−☆

くりあらんすちすい

f:id:whitewind242:20160414200041j:plain


今日は、二和向台駅にある「くりあらんすちすい」さんにお邪魔してきました。

ここは私がアドバンスカラーセラピーを学んだ場所であり、カラーセラピーの師匠である瀬戸口智子さんと出逢った場所でもあります。

智子さんは元々は福岡の方で、千葉にはご自身の転勤で来られて船橋二和向台でサロンをオープンされたのが2011年。

私が千葉から福岡に戻ったのがその翌年。

(当時はサロンのことも智子さんのことも全く存じませんでした)


去年三月、私が千葉に逆戻りして。

智子さんと出逢えたのは2015年12月6日のことでした。

その時の日記にも書きましたが、福岡にある南蔵院さんという真言宗のお寺さんに智子さんのお父様が、そして私の母が眠っているというご縁もあるとわかり、これはもう出逢うべくして出逢ったのだと最初から確信してはおりました。


これから益々、カラーセラピーも深めたいし智子さんのスピリチュアルカウンセリングも受けたい!と思っていたのですが。


智子さんが再び転勤されることになってしまい…来月初めには旅立たれるのです、智子さんの郷里である福岡に。


簡単には会えなくなる寂しさが最初にきて、もっと学びたかったのに…という無念さも押し寄せて、素敵なサロンもなくなってしまうのかと呆然として。


だけど福岡を愛する者としては、智子さんがまた福岡で暮らせることを心から祝福したいような、わあ良かったですね!と言いたいような気持ちも混じり、複雑な感情が渦巻きました。


くりあらんすちすいをなんとか存続させられないか…と声をあげてくださった方たちの想いに触れて、私も微力ながら何かできないか?あの素敵なサロンを残すにはどうしたら?と考えた時間は、結果としてはその夢は叶わなかったけれど、とっても意味のある、情熱と願いと希望に縁取られた忘れ難い時間です。


場所としては、形としては、なくなってしまうけれど。

出逢った人とのご縁や、そこでうまれた純粋な波動は消えはしませんから。

それが、一番ありがたくてたいせつなことなんじゃないか…と思う春の夜です。


今日は、念願叶って智子さんのスピリチュアルカウンセリングと、アドバンスカラーセラピストの先輩である幸子さんのカラーセラピー&ハンドケアを受けてきました(^ ^)

私のシンギングボウルさんたちも連れて行って、お二人にモニターになっていただくという幸運にも恵まれて、また一つ忘れ難い思い出を作れました。

お二人だけでなく、偶然くりあらんすちすいに今日来られていた理恵さん(初対面!)にも、押し付けシンギングボウルトリートメント(笑)をしちゃいましたけど、喜んでいただけたようでホッとしています♡


智子さんからいただいた沢山の言葉とあたたかな祈り、幸子さんのまあるいセラピーとハンドケア。


贅沢な時間をありがとうございました!


再来週、くりあらんすちすいでは最後となるアドバンスカラーセラピー勉強会に参加できるのが今から楽しみです\(^o^)/


写真は、少し私なりに色付けした「くりあらんすちすい」の象徴、軽やかな音楽が聴こえてくるような壁飾りです。


出逢えたことに感謝。

押していただいた背中の温もりを勇気に変えて、この先の道を歩いていきますね!