宇宙のコスミで

13の月の暦、アーユルヴェーダ、呼吸法、シンギングボウル。いろいろ学んでいることについて、または日常のあれこれについて、マイペースで語るブログです。どなた様もごゆるりと^_−☆

お久しぶりです

f:id:whitewind242:20170122113825j:plain


このブログを放置?して一か月近く経ってしまいました。

下書きをした記事も実はあるのですが、最後まで書き上げられず今日に至り^^;情け無いやらお恥ずかしいやら。


えーと。

2016年の暮れから2017年の始めにかけては、暴飲暴食ならぬ暴飲暴泣しておりました。

はい、何を隠そうSMAPのことで。


ブログにもちょいちょい書いてはいましたけど、私は20年以上スマヲタというやつでして(スマヲタとは濃すぎアツすぎ時々イタすぎなSMAPファンのことです)、2016年はスマヲタ的には本当にしんどい一年だったのです。

何しろ年明け早々から解散報道、直後には「公開処刑」とまで言われた「生放送でのメンバー謝罪」があり、3月にNHK音楽の日という番組で久しぶりに5人が揃って自分たちの歌を歌う姿を見られてホッとして、なんとか最悪な事態は避けられたと思っていたら8月に急転直下「年末に解散」とされ、わけもわからず途方に暮れいつまでたっても実感はわかぬままいたずらに時は過ぎて。


CDデビュー25周年という節目の年にも関わらず、お祝いどころかSMAPとファンは一切の直接的交流を断たれ、それでもスマヲタは彼らの本当の言葉を待ち続け信じ続け、いろんな形で愛を送り続け、SMAPSMAPの曲を歌わない異常さや、やりきれない悲しさにもやり場のない悔しさにもじっと耐えて、逆転ホームランがあることを願い続け、12月になり…スマスマ最終回があり…大晦日には中居さんがラジオ番組でSMAPについにピリオドをうった…それはもう聴いている間ずっと身体と心が引き裂かれるような痛みを伴い、ただその痛みは言葉を発している中居さん自身もずっと抱えてきたものだということは容易に想像できたし、さらに言えばメンバーそれぞれもずっと抱えていたものだと本能でわかっていて、彼らは誰一人SMAPを諦めたくなかったはずで、おそらくは私たちファン(スマヲタ)にとてもとても会いたかったはずで、詳しいことは何もわからないけれど「不条理」「理不尽」「無念」という波動だけが色濃く伝わり、なすすべも無く愛する存在が消し去られる瞬間を見届けるしかなかった…そんな一年だったのです。


たかがアイドルグループが不仲で解散しただけの話でしょう?とおっしゃる方には、どれだけ説明しても理解してもらえないと思いますし、説明する気力もありません。

彼らがいてくれたから辛いこともたくさんある日々を生きてこられたと、掛け値なく、静かに胸をはって言えるくらいには頭がイカレているスマヲタなので。


それでもなんとか踏ん張ってきたし、カイサンが避けられないとしてもいつか再集結してくれると信じた一年でもありました。

5人の未来が幸せでありますようにと…それだけを祈ろうと心に決めて、自分は自分でしっかり生きようと前を向いた一年でもありました。


だけど、やっぱり無理はしていたんだと思います。

「解散」を直視することを避け、ある意味では自分を守っていたとも言えます。


大晦日のラジオで、中居さんが「どうしてこの日の放送なんだろう、どうして俺なんだろう」と呟いたときに、ああこの人はやはり律儀にも自ら終止符を打つつもりだと察して、心から尊敬し驚嘆しながらも「お願いだからいつも通りふざけて、お茶を濁して、なんとなく来年を迎えようよ」という相反する気持ちも抱き、番組の間ずっと泣き続け、番組が終わっても泣き続け、大晦日の晩は一睡もできず正月三が日も結局泣き続けました。


泣き腫らして両目は開けられないほどでしたから、初詣にもいかずただただ悲しみの中で飲んだくれていました。

みっともない話ですね…。


救われたのは、4日に友人と会う約束をしていたから「出かけなくては」となんとか気持ちを切り替えられたこと。

さらには、彼女の家でシンギングボウルトリートメントをさせてもらい、やる前には正直「こんな弱った状態の自分がやっていいだろうか」と不安もあったのですが、徐々に自分自身も整えられていく感じを体感できたことは、貴重な経験でした。


その辺りから少しずつ元気は取り戻していますし、普通に仕事もしていますし、暴飲暴泣もやめることができました。


でもね。

「もう平気」というわけにはいかないんだな…これが。

大きな支えを一つ失ったので。


グループは解散しても個々人で活躍しているからいいでしょ?と考える方もいらっしゃるでしょうけど。

もちろんメンバー一人一人も大好きだけど、私はSMAPという集合体を愛しているので。

彼らが集まったときの輝きを、力を、波動を、愛しているので。


それが2017年には「もう、ない」とされている。

CDやDVDはあるけれど、それらは全て「過去」のもので、「今」と「未来」のSMAPは「なくなった」とされているから。


そんな世の中に生きているスマヲタは、息をするのが精一杯な感じですよ…大人だから平気なフリしてますけど。


希望がないと生きられないから「未来」があると信じていますけどね、また、新たに。

いつになるのかわからないけど、きっと「そのとき」がくると。

だからそれまで、元気で長生きしなくちゃ、と思っていますけどね、笑。


大きな欠落感、まだ血が止まらない生々しい傷跡、ふいに襲われる絶望的な痛み。

そんなものを心に抱えたまま、それでも元気に笑って生きてます。

彼らも、ほんとうにありがたいことに、元気で生きていてくれるから。

彼らに恥ずかしくないように、自分自身の在り方を常に考えています。


私はバカなスマヲタです。

20年以上、バカで幸せなスマヲタだったので。

もうやめられないんですこればかりは。

こんなにしんどい思いをしても、やめられないしやめる気はさらさらない。

しんどさも悲しさも「味わいきること」が大事なんだと、この一か月で学んだと思っています。

ありがとう、SMAP


ところで。

ゆるゆると…ではありますが、オリジナルセッションのモニタリングを始めました。

シンギングボウル、音叉、アドバンスカラーセラピー、アーユルヴェーダの基本的な知識に基づいたアドバイス&マッサージ、お香、カードからの言葉。

その組み合わせや配合は、クライアントさまに応じて。


そんなような新しい活動を、つい先ごろからスタートさせました。

そういう話題をまずは書けば良いのかもしれませんけど。


久しぶりのブログ記事を書くことで自分を整理したかったのと…この場所は「もっとも自分らしくいてヨシ」な場所にしておきたいので、正直な部分をさらけ出してみました。

これをやらないと、先に進めない感じもあって。

わかりにくい文章にお付き合いいただいた皆様、ありがとうございます!


写真は、正月9日にやっとお参りしてきた船橋大神宮です。


西暦ベースでの新年はもう20日以上が経過していますが、13の月の暦では今がちょうど半分くらいです。

間も無く立春も迎えますね。

少しずつ、少しずつでいい気がします。

自分なりの「前の向き方」、「辛さの調整」、「大きなスパンでの物事の捉え方」を、少しずつ。


2017年もよろしくお願いいたします。

(えっ!いま⁈^^;)